フリーダイアル 0120-871-355
受付時間★ 平日 9時~18時 ★ 土日祝 9時~17時

新潟県内20点から
出張費&査定費 0円!

出張買取対応地域へ移動

現在位置:

ここから本文

スマホは音が鳴るからなくなりやすい

こんにちは。
はなひ堂新井です。


本日は倉庫内で作業です。


だいぶ寒くなってきており、倉庫内ではもう一枚着て作業したほうがよい時期になってきました。


また台風も来ており、現在東京都神田で行われている「神田古本まつり」の影響が心配されます。


私も月曜日には別の用事で神田に行くことになっていますので(台風がそれほどでなければ)、古本まつりにも行くことができるかもしれません。


というか駐車場は大丈夫なのだろうかとそっちの心配もしたほうがいいかもしれませんね(^_^;)


突然ですが、倉庫内で作業していると必ず必要なものが2つあります。


もちろん2つ以外にも必要なもの(例えばスズランテープとかハサミとか相場検索のためにスマホとか)はあるのですが、この2つがなければ何もできないというものがあります。


それは、

二段台車とハケです。


二段台車は倉庫系古本屋(?)では絶大な力を発揮します。


なんといってもちょうどいい高さなので腰に負担が少なく作業できるのがいいところです。


もちろん中間棚を使ったカゴ台車でもいいのですが、二段台車ほどの小回りが利かないのが難点で、二段台車を数台使ってコミックセットを揃えたり雑誌の目を組んだりという作業では抜群の効果を発揮します。


そしてハケは小口に付着している埃をササっと取るために使います。


本格的なクリーニングは商品化の前に行いますが、その前段階として大きな埃はこれで落としておきます。


そして台車に本を移動させたりしながらスマホをいじり、スズランテープで本を縛り、ハケを手に取り…という作業をしています。


倉庫内は冬は寒く、夏は暑いというとても過酷な環境です。


なので夏は頭がボーっとしながら作業をしたりするものですから、気が付いたらスマホがない!どこだろうと探したら本と本の間に挟まったまま紐で縛られていたということもあります(^_^;)。


スマホは音が鳴るので(?)その時はなんとかなりましたが、音が鳴らない場合は大変危険ですね(?)


そして本日は土曜ということで娘の保育園が休みのため娘のケアもしながらの作業となり、さらに過酷度の高い環境での作業となった次第です。

はなひ堂ブログ 2017年10月28日