フリーダイアル 0120-871-355
受付時間★ 平日 8時~22時 ★ 土日祝 9時~17時

新潟県内20点から
出張費&査定費 0円!

出張買取対応地域へ移動

現在位置:

ここから本文

コミックと水物の相場

こんにちは。
はなひ堂新井です。


春先ということもあり、少しづつ買取依頼を頂いております。ありがとうございます。


そんな時期ということは花粉症が出てくる時期でもあり、そのためにいつもマスクをしたまま出張買取に伺っています。


マスクをしているとメガネが曇ったり、ワンちゃんに吠えられたりして大変なのですが(とはいえマスクをしてなくても吠えられるのですが(^_^;))、マスクをしていないとくしゃみが止まらず大変なので、私としては冬場よりもこの時期のほうが必需品となっています。


そして四六時中鼻がつまっていて、ただでさえ良くない滑舌が更に悪化していて聞き取りづらくなっているようで、これは娘に絵本を読んでいる時に妻に指摘されて気付いたのですが、ただこればかりはどうしようもありません(大変申し訳ございません)。


本日午前中は、先日お売りいただいたお品物を車から降ろして仕分ける作業をしていました。


キングダムやウシジマくんとか、お売りいただいた人気作を春らしいお品物(?)と感じながら仕分けをしていました。


キングダムやウシジマくんなどの人気コミックはそれほどお売りいただく機会は多くないのですが(手放す人も少ないため)、この時期はそういった人気作をお売りいただくことも少なからずあり、それは引越しの関係で渋々処分せざるを得ないという事情もあるのかもしれません。


逆に、これが最近人気があるんだな(またはそうではない)と勉強させていただく時期でもあり、毎日お売りいただく度に楽しみにしています。


コミック相場は得てしてアニメ化やメディアへの露出で相場が激変する水物のような一面もあるため、定期的に頭の中の相場を更新していく必要があると感じています。


とはいえコミックは幅広く、私が全ての領域をカバーすることはできませんので、スタッフの力も借りながら総力戦で臨んでいます。


午後からは三条市で出張買取。


新しめのコミックをお売りいただきました。


春は新しいものをお売りいただく機会が多い気はします。


とはいえ当店は新旧問わず、バーコードがないような古い本も買取しておりますので、お気軽にお問合せください。


本日は本をお売りいただき、ありがとうございました!

はなひ堂ブログ 2018年3月24日